メルマガ
会員
募集中

6/17(金) オンラインセミナー 残ってしまったレガシーシステム、VB6.0アプリをVB.Netへ移行するための3つのステップ

登壇者
株式会社システムズ ビジネスイノベーション本部
ビジネスプロモーション部 部長
マイグレーション エバンジェリスト
板倉 利幸
実施要領
日時
2022年06月17日(金) 14:00-15:00
形式
オンラインセミナー ご自身のPCやスマートフォンで受講可能
Zoomを利用します。接続URLは開始前にメールでお知らせします。
主催
株式会社システムズ
募集人数
20名
対象
VBレガシー問題で課題をお持ちの企業、VB6.0で構築されたVBアプリ資産を利用している企業、VB6.0からVB.NETへの移行を検討している企業などの担当者様
※本セミナーは、法人企業様を対象に企画しております。
個人様および競合に該当する企業様のお申込みにつきましてはご遠慮ください。
参加費
参加無料/事前登録制
締切
2022年 6 月 16 日(木)
※定員になり次第、受付を締め切ります。

~ 既存VBアプリの診断・分析から次期計画策定、開発・移行・延命の実施まで ~

★こんな方におすすめです★

・VB6.0やVB.Netの古いバージョンのアプリケーションが残っている。
・VBマイグレーションの効果を知りたい。
・業務を変えずに、既存のシステムを有効活用したい。

2022年 6 月 17 日(金)14:00~15:00(13:45~:Zoom 入室開始)

WEBセミナー形式(zoom ウェビナー)で開催します

今回は、2020年1月のWindows7、Windows2008のサポート終了から2年以上経過しているにもかかわらず、問い合わせを多く頂戴している、レガシー化が進むVBアプリ資産の延命や再構築をテーマとする「VBマイグレーション」セミナーを開催いたします。

未だに、VB6.0やVB.Netの古いバージョンで構築されたアプリシステムは、至るところで現役で活躍しています。しかし、当時の開発担当者はすでに退職していたり、ドキュメントもなかったりするなど、不安要素を抱えながら、なんとか使い続けているという企業担当者様も多いのではないでしょうか?

VB6.0アプリシステムを使い続けるリスクは、今後ますます増大し、延命の道は狭まることでしょう。VB6.0アプリで開発された業務システムの継続利用にはさまざまなリスクを伴うため、DX化やWindows11時代を迎える今こそ、見直し対策が重要となります。

今回のセミナーでは、VB6.0で開発されたアプリシステムを長年使い続けてきたけれども、DX化でのレガシーシステムの見直しに向け、「何とかしなければ・・・」とお考えの企業担当者様向けに、レガシーVBアプリ対策の3つのステップを最新の移行事例やVBアプリ変換ツールのデモを交えて解説いたします。また、VBマイグレーションという方法があるということを含めて、VBアプリを使っている企業様にとってお役に立てる情報をご提供いたします。

本セミナーはzoomによる無料オンラインセミナーです。ぜひ、お気軽にお申し込みください。

【登壇予定】 

株式会社システムズ ビジネスイノベーション本部
ビジネスプロモーション部 部長
マイグレーション エバンジェリスト
板倉 利幸

【開催概要】

日 時2022年 6 月 17 日(金)14:00~15:00(13:45~:Zoom 入室開始)
形 式オンラインセミナー ご自身のPCやスマートフォンで受講可能
Zoomを利用します。接続URLは開始前にメールでお知らせします。
主 催株式会社システムズ
募 集20名
※お申込み順に受付いたしますので、お早めにお申込みください。
対 象VBレガシー問題で課題をお持ちの企業、VB6.0で構築されたVBアプリ資産を利用している企業、VB6.0からVB.NETへの移行を検討している企業などの担当者様
※本セミナーは、法人企業様を対象に企画しております。
個人様および競合に該当する企業様のお申込みにつきましてはご遠慮ください。
参加費用参加無料/事前登録制
締 切2022年 6 月 16 日(木)
※定員になり次第、受付を締め切ります。
VBレガシー セッション
残ってしまったレガシーシステム、VB6.0アプリをVB.Netへ移行するための3つのステップ
~既存VBアプリの診断・分析から次期計画策定、開発・移行・延命の実施まで~

セッションでは、Windows7とWindows2008のサポート終了から2年以上経過する中で、当社に寄せられるVBアプリレガシー問題に関する相談や問い合わせから見えてくる最新のユーザー課題を解説。また、Windows11の提供開始に伴う次期WindowsレガシーOSのサポート終了問題を鑑み、現在、VBアプリレガシーシステムを延命利用中の企業が直面する「継続利用リスクと問題点」、「課題解決に至る3つのステップ」について、長年の移行実績に基づく事例を交えて紹介します。また、当社独自の変換ツールによる、VB6.0からVB.Netへのマイグレーションデモもご覧いただけます。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。