3/11(木)経産省DXレポート2を読み解いてわかりやすく解説「2025年の崖」に陥らないためには(参加無料)

3/11(木)経産省DXレポート2を読み解いてわかりやすく解説「2025年の崖」に陥らないためには(参加無料)

現行のITシステムが複数あり、どこから手をつけたらよいのか悩まれている方

デジタル経営時代に対応した、新しいデジタルインフラの構築や再構築を検討中の方

2021年3月11 日(木)14:00〜15:00予定(13:45〜接続開始)

セミナーは終了しました

レポートはこちら

「DXレポート2」を読み解く!既存システムの全貌を把握する方法を解説

「DXレポート」では、老朽化・複雑化化した既存システムがDXを本格的に推進する際の障壁となることに対して警鐘を鳴らしました。「DXレポート2(中間とりまとめ)」では、企業の9割以上がDX未着手または途上であることが明らかにされています。

DXを重視する機運が、再度高まっています。デジタルインフラにおいては、「2025年の崖」の課題としても重視されているレガシー問題もあり、早急にニューノーマルに対応したデジタルインフラの再構築が求められています。

本セミナーは、DXを推進する上で課題となりうる既存のITシステムの「ノウハウや業務にフィットした機能」のプラス面を活かしつつ、ビジネス全体のデジタル化加速に障害となりかねない「技術的負債」の解消をテーマに取り上げます。既存システムの全貌を俯瞰的に把握し、効率的な見直し施策を立てるためのノウハウについてわかりやすく解説します。

【登壇講師】 

株式会社システムズ ビジネスイノベーション本部

ビジネスプロモーション部 部長

板倉 利幸

開催概要

日 時 2021年3月11日(木)14:00〜15:00(13:45〜接続受付開始)

zoom ウェビナーにて配信します。
 ※接続URLは、当日ご案内いたします。
主 催 株式会社システムズ
募 集 20名 ※お申込み順に受付いたします。
対 象 ・DXの実現に足かせとなりがちな、レガシーシステムの見直しをしなければならないとお考えの方
・デジタル経営時代、ニューノーマルの時代に対応した、新しいデジタルインフラの構築や再構築を検討中の方
・DX推進に関するタスクが自部門に課せられており、業務やITの現状分析から刷新計画の策定に着手したい方
・現行のITシステムが複数あり、どこから手をつけたらよいのか悩んでいる方
費 用 参加無料/事前登録制
締 切 2021年 3月11日(木) 11:00

著者プロフィール

著者アイコン
広報担当