【コラム】WCS(倉庫制御システム)の役割とマテハン設備について

【コラム】WCS(倉庫制御システム)の役割とマテハン設備について

現在の物流倉庫をとりまく現場では、EC市場の拡大による作業量の増加や、人手不足といった状態が継続しています。

この課題の解決策の一つとして、物流DX化によるマテハン設備の活用があげられます。

今回はマテハン設備を活用する上で重要なシステムであるWCSについて解説します。

WCSとは

WCSとは「Warehouse Control System」の略称で、日本語に訳すと「倉庫制御システム」です。

WCSは物流センターにおけるマテハン(※1)設備群を運用するための自動制御システムのことを指します。設備に対して適切な搬送の指示をリアルタイムに行い、庫内における搬送物の流れを制御しています。あくまでも設備を対象とする制御であるため、後述するWMSやWESのように作業者の管理などは行いません。

  ※1 マテリアルハンドリングの略称。物流倉庫内の物の移動に関わる全ての取り扱いのこと。

【関連システム】
WCSに関連するシステムとして、大きく以下の2種類があります。

  • WMS(Warehouse Management System 倉庫管理システム)

マテハン設備そのものを制御するシステムではなく、倉庫への商品入荷から、倉庫外への出荷まで動きなど、商品・在庫の動きを主に管理するシステムです。WCSへの作業指示を作成し、その実績を受け取ることで商品・在庫を管理しています。

  • WES(Warehouse Execution System 倉庫運用管理システム)

WMSとWCSの中間的なシステムです。WMSの庫内情報管理やWCSのマテハン設備制御などの機能を備えています。

WCSの制御する主要な設備

一口にマテハン設備といっても多くの種類が存在するため、それらの中から主要なマテハン設備について簡単に解説します。

  • コンベヤ(コンベア)

倉庫に入荷、または出荷する商品を該当エリアまで搬送するために使用されます。WCSはコンベヤのルート分岐の際に正しい場所へ商品が搬送されるように指示を行います。コンベヤが長くなるほど搬送物を扱う量が増えて、生産性を上げることができるため、倉庫の規模が大きくなると、コンベヤの長さもそれに見合ったものになることが多いです。そういったコンベヤは線形や分岐も複雑になるため、複雑な分岐条件を制御できるシステムとの連携が必要になります。

  • ソーター

コンベヤを流れる搬送物を方面別や店舗別などに自動で仕分ける設備になります。コンベヤと同様に、WCSは搬送物の分岐情報を指示して制御を行います。

出荷搬送で梱包作業が終わった後、出荷用トラックが待機するエリア(出荷バース)へ分岐する部分によく用いられており、それらは出荷ソーターなどと呼ばれます。

  • 自動倉庫

商品の入庫から出庫までをシステムで一元管理し、自動化されている設備になります。空きスペースになりがちな倉庫上部の空間を活用して、効率よく在庫を格納できますが、格納する商品の形状や空き状況を把握して搬送先を指示する必要があります。

自動倉庫は格納するアイテムの形状によって呼び名が変わることが多く、商品の入ったオリコン(折り畳み式コンテナの略称)を格納するバケット自動倉庫、商品が梱包されている段ボールをそのまま格納するケース自動倉庫、商品を載せたパレットを格納するパレット自動倉庫などがあります。

WCSの機能として、空き時間などに保管効率の上がる位置へ配置を変えるなど、高度な操作を実現するものもあります。

  • 自動制御ロボット

AGV(無人搬送車)やロボットアームなど、商品の搬送やピッキングを自動で行うロボットになります。

コンベヤの敷設に適さないエリアの搬送や、作業員が入れないデッドスペースを活用した運用など、ロボットの特性を活かした作業効率の向上が図られています。

WCSはこのようなマテハン設備の動きをリアルタイムで監視し、指示を出しているため、庫内の運用に合わせたマテハン設備との連携が非常に重要なシステムと言えます。

まとめ

今回は倉庫を管理するシステムの中で、WCSに焦点を当てて解説しました。

マテハン設備は様々な業界、業種で多くの種類が用いられていますが、それらを効率的に運用するには、WCSとの適切な連携が欠かせないと言えるでしょう。

WCS導入の際は、現状設備や庫内の運用など、マテハン設備との連携を意識したシステムを検討してください。

最後に

システムズでは、長きにわたり物流業務に携わってきた経験を元に、システムとマテハン機器間の連携強化や、運用課題の改善提案など、お客様の課題解決に向けて共に取り組んでまいりました。

物流倉庫の現状の業務に課題をお持ちで、改善したいとお考えの場合は、現行システムを刷新しないままの効率化などのノウハウもございますので、一度お問い合わせください。

著者プロフィール

著者アイコン
倉庫のプロK