クラウド移行の課題は、実は現場で起きている!? セールス現場からの考察

クラウド移行の課題は、実は現場で起きている!? セールス現場からの考察

AWSクラウド、移行前の課題

近年、クラウドを活用したサービスも増え、今では【クラウドファースト】ということを耳にすることも多くなってきました。そこで、AWSクラウド環境へ移行したいと考えている企業が多いのではないでしょうか?

しかし、AWSに限らず、実際にクラウド環境への移行を検討し始めると、様々な課題に躓くことがあります。そして、クラウド環境への移行を躊躇する企業も多いのが現実だと思います。もちろん、企業によって躊躇する理由は様々ですが、この躊躇には、大きく2つのケースに分けられます。

1つは、全てがこれからで、ゼロから検討していくのに、漠然とした不安や、一般的な情報で躊躇している場合です。こちらは、インターネット検索すると、たくさん出てきますので、ご覧になられた方も多いのではないでしょうか?

もう1つは、既にどこかに相談して、その結果や提案内容などにより、躊躇している場合です。実は、当社に相談されるお客様は、後者の場合が多く、既に他の企業に相談されていて、その結果、躊躇していたりします。ですので、今回は、このことを前提に、現場での声をお伝えしたいと思います。

3654616_s.jpg

実際の営業現場から

そこで、当社へ相談された企業の中で、よく相談される課題と、どのように、その課題を解決したのかを、実際の営業現場から、お伝えさせていただきます。まず、AWSクラウド環境へ移行するためには、導入、移行、運用、監視、活用など、様々な状況について検討する必要がありますが、これらは、ざっくりと3つのフェーズに分けることができます。それは、【導入と移行フェーズ】、【運用と監視フェーズ】、【活用フェーズ】です。そして、それぞれのフェースによって課題も異なります。

一番最初は、【導入と移行フェーズ】です。ここで、よく相談されることは、既存のオンプレミス環境のシステムを、どこまでAWSクラウド環境へ移行するかについてです。そして、詳しくお話を聞いてみると、実は、月々のランニング費用について課題をお持ちのケースが多いです。やはり、コロナ渦の影響だけではありませんが、この費用の問題は重要です。AWSクラウド環境に移行することで、想定外のランニング費用になり、【クラウド=高い】となり、いきなり、検討がストップしてしまう企業が多いです。

しかし、ほとんどのケースで、他社からのご提案では、オンプレミス環境で利用しているサーバーと同等スペックで、AWS環境の構成を組んでいたりします。オンプレミス環境では、オーバースペックのサーバーもあるでしょうし、常時稼働させておく必要のないサーバーもあると思います。どうしても、オンプレミス環境に慣れている人が構成を組むと、オーバースペック気味にしてしまうこともあるのかもしれません。ですので、現状のサーバーを、どのような使い方をしているのかなどをヒアリングさせて頂き、AWSクラウド環境の構成を組んでいく必要があります。また、AWSクラウドには、様々なディスカウントがあるのですが、これらをしっかりと考慮して無いケースが驚くほど多いのです。

これらをきっちり適用させて構成を組んでいくと、当社に相談される前に提案されたランニング費用と、当社で現状をヒアリング後に試算したライニング費用を比べてみると、倍以上差が開くこともあります。さらに、お客様の現状や体制に合わせて、IaaS、PaaSなどを組み合わて試算することも重要になります。ですので、現状のオンプレミス環境の情報から、簡単に概算を算出すると、予想以上の高額になってしまうのです。当社に限らず、これらのことを考慮して試算してくれるかを確認されると良いと思います。そして、移行について、どこまで支援してくれるのかも重要です。環境だけ用意して、移行はお客様で実施してくださいと言われているケースも、実は結構多いんです。もちろん、移行コストは下がりますが、この場合、多くのインフラ担当者は困ってしまいますよね。

二番目は、【運用と監視フェーズ】です。ここでの課題は、サービスの安定稼働を、どうやって実現させるかです。当社に相談される企業の運用担当者は、殆どの方がAWSクラウド環境での経験が無い場合が多いです。しかし、経験したことの無い環境では、障害発生時の対応など不安が大きくなります。いずれにしても、AWSの特性などを踏まえた運用・監視の設計が必要になります。そして、最適な運用と監視をどのように実現するかは、経験のあるベンダーを活用したり、信頼できる運用会社を活用するなど、色々な方法があります。

つまり、パートナー選びが重要になりますが、お客様の現状によって、ベストな回答は異なりますので、お客様に合わせた提案をしてくれるパートナーを選ぶようにしてください。ちなみに、当社では、AWSに知見のある経験豊富なエンジニアがいますので、まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。(もちろん、相談無料です!)また、運用マネジメント業務なども、内容によっては当社だけはなく、提携している専門会社がありますので、ご安心ください。

三番目は【活用フェーズ】です。導入後に使いこなすことで、AWSクラウド環境を導入した効果が高まります。しかし、導入時のことに意識され、この活用については、あまり意識されてないケースがほとんどです。これらのことを、踏まえて導入の計画を立てることが重要になります。と言いますのも、経営層が気にされることは、活用フェースのことが多いからです。ちなみに、当社では、経営層にも今後のビジョンなどをヒアリングさせて頂き、活用フェーズを踏まえたご提案をさせて頂いております。

4484229_s.jpg

最後に

一般的な情報では、AWSなどのクラウドへの移行で、一番多い不安や課題は、情報漏えいやセキュリティリスクと言われております。もちろん、セキュリティは重要なことですので、心配にならないことは無いのですが、当社への相談では、セキュリティリスクへの不安は、様々な情報から、既に解決済であることが多いです。しかし、何だかんだ言いまして、やはり費用面での課題は、想像以上に大きいです。だからこそ、クラウド化の実現には、他部門や経営層を巻き込んで、AWSなどのクラウド化を推進していきたいですね!

また、いずれにしても、AWSを使いこなすには、ノウハウが必要になります。AWSは常に新しいサービスが増えていますので、場合によっては、導入後に別のサービスを入れ替えていくことも重要になります。

そして、導入後に常に最適化をしていくことで、ランニングコストを抑えることも可能になります。導入だけではなく、活用まで含めて、中長期的な視点で、さらには、インフラ担当からの視点、開発担当からの視点、ユーザーからの視点、経営層からの視点など、多角的な視点で、導入の計画や検討されることが良い思います。

著者プロフィール

著者アイコン
セールスタカハシ
ビジネスイノベーション本部のセールス担当