メルマガ
会員
募集中

オンプレミスからのクラウド移行 4つのメリットとは?

2022.1.25(更新日:2022.6.2)

クラウド、クラウドとはよく耳にするけど、そもそも、「クラウド移行」に関して、何がメリットなのと聞かれることがあります。そこで、今回は、オンプレミス環境とクラウド環境について比較して、クラウド移行のメリットをまとめてみました。まず、オンプレミス環境とクラウド環境についておさらいです。

オンプレミス環境

サーバーや、ネットワーク機器などの購入し、自社のサーバールームやデーターセンターなどに設置し、運用していきます。基本的に、自社で用意した機器を、自社で運用していきます。従来は、このような形態が一般的でした。自社で利用するシステムや、将来計画を元に、機器の選定、サイジングなどを行います。

クラウド環境

クラウドは、正式には、クラウド・コンピューティングと言います。クラウド環境では、インターネットに接続していれば、必要なリソースを、すぐにサービスとして利用することができます。オンプレミス環境は、事前に機器等を用意する必要がありましたが、クラウド環境では、必要なときに必要なだけ利用でき、費用も使った分だけです。事業の成長に合わせて、無駄なく拡張することができます。

クラウド移行のメリット

それでは、オンプレミス環境からクラウド環境へ移行するメリットをお伝えします。

①導入スピード

オンプレミス環境のように、機器を選定し、調達する必要がありませんので、納入まで待つ必要がありません。また、納入されてから、各種サーバーを設置したり、構築する手間もありません。ですので、オンプレミス環境に比べ、クラウド環境は、導入までのスピードが早いです。

②コスト削減

サーバーや、ネットワーク機器などは、スペックが高くなると、非常に高価になります。リースなどの購入方法はありますが、基本的には初期投資として高額になります。しかし、クラウドは、必要なときに、必要なリソースを、サービスとして利用できます。

基本的には、利用した分だけの費用になります。ですので、3年後、5年後を想定して、サイジングする必要もなく、必要になればすぐに拡張できますので、無駄がありません。もちろん、途中でサーバーを利用しなくなれば、利用を止めて、費用を減らすことが可能です。

また、サーバーの設置場所としてのコストや、運用や監視などに関わる人件費も減らせることができます。つまり、導入費用だけでなく、運用費用も抑えることが可能です。

③拡張性・柔軟性

コスト削減にも関係しますが、デジタルデータは増加することが多いと思います。オンプレミス環境ですと、将来を見越してサイジングしますが、クラウド環境では、デジタルデータの増加だけでなく、減少の場合にも柔軟に対応できます。

また、一時的なことでの拡張にも柔軟に対応できます。例えば、何かのキャンペーンや、年に一度のイベントなどにも柔軟に対応可能です。

④保守性・メンテンナンス性

クラウド環境は、障害が発生した際も、優位性があります。例えば、オンプレミス環境で自社運用ですと、自社で障害対応のための体制を準備する必要があります。

クラウド環境ですと、基本的には、クラウドサービス事業者が復旧を行います。また、バックアップのサービスや、設定次第では自動化できることも多々あります。

クラウド移行の注意点

以上のことから、クラウド環境は、メリットばかりのように感じますが、今までの運用と変更になる点もありますので企業によって注意点も異なります。

弊社では、オンプレミス環境にあります、既存システムを、クラウド環境へ移行する支援を行っておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。