Amazon Connect入門

Amazon Connect入門

1. Amazon Connectとは

「Amazon Connect」はAWSが提供するクラウド上でコンタクトセンターを構築するためのプラットフォームです。電話回線も不要でインターネット回線とブラウザさえあればすぐに利用開始でき、コストを抑えて環境を、短期間で導入・整備することができます。

4191326_s.jpg

2.Amazon Connectの特徴

Amazon Connectは、電話窓口 / コンタクトセンターに必要な機能が揃っています。
Amazon Connectを導入するメリットに時間と費用、拡張性が挙げられます。コンタクトセンターを運営するには膨大な固定費がかかりますが、AWS Connectは通話時間や通信量に応じた課金システムでランニングコストのみで運営できます。また、クラウド上で構築するので、システム拡張を簡単に行えます。

①短期で構築可能
Amazon Connectはサーバーなどのハードウェア機器を導入する必要がないため、
短期間かつ安価で構築可能です。

②運用コストを抑えられる
使用料金は従量課金制のため、繁忙期を見越した余分なリソースに対して
料金を支払うといった無駄な費用がなくなります。

③拡張が容易
クラウド上で構築するため、システムの関数を設定するだけで、拡張はスムーズに行えます

5123407_s.jpg
3.Amazon Connectの機能一覧

①コンタクトセンター機能を標準搭載
電話機能(PBX):構内の複数の電話回線を管理するための電話交換機です。発信 / 着信の制御、内線、ダイヤルイン機能や代表番号着信機能、転送機能などが使用できます。

自動音声応答機能(IVR):顧客からの着信の際、音声ガイダンスによる自動応答や、プッシュ番号による着信呼の振り分けを行う機能です。

自動呼分配機能(ACD):顧客からの着信をあらかじめ定められたルールに則ってオペレーターに振り分ける機能です。

通話録音機能:コールの内容を録音 / 保存できる機能です。

②オムニチャネル対応
音声通話だけでなく、チャットなどのメディアを活用した問い合わせにも対応しています。

③ノーコードによるコンタクトフロー設計
Amazon Connectではプログラミング不要でルーティングなどコンタクトフローの設計ができます。プログラムが分からなくても、AWSの管理画面を操作しながらシステムを構築できます。

4923364_s.jpg

4.まとめ

Amazon Connectは導入や拡張が容易で、オムニチャネルに対応した
コンタクトセンターシステムを短期間で構築できます。

こちらの記事もどうぞ

入社6か月目の新人エンジニアがContact Lens for Amazon Connectを使ってみた

新人エンジニアがContact Lens for Amazon Connectのリアルタイム分析をやってみた

著者プロフィール

著者アイコン
広報担当