AWSへのクラウド移行で実現する「完全テレワークへの道」

「AWSテレワークインテグレーション」~Withコロナ セキュアなテレワーク環境をAWSクラウドサービスを活用し実現~

AWSテレワークインテグレーション

コロナ禍によって多くの企業において在宅勤務が求められています。
早急にテレワーク環境構築が求められた企業では、
緊急措置的に社内ネットワークやシステムの変更が行われました。
こうした企業において、今後、恒常的なテレワークやBCP対策に向けて根本的な対応が必要となります。

テレワークの方式
一般的なテレワークの方式には、4挙げられます
(1) リモートデスクトップ方式
(2) 仮想デスクトップ方式
(3) クラウド型アプリ方式
(4) オフィス端末持ち帰り方式

これらをAWSを活用することにより、それぞれの企業に適したテレワーク環境を、
安全、迅速、簡単に導入することが可能となります。

aws_teleworkSI.png
AWSサービス 適用事例

・Amazon EC2
 仮想サーバサービス。リモート先の端末から遠隔操作できます。

・Amazon WorkSpaces
 リモート環境を構築する場合の仮想デスクトップサービスで
 仮想デスクトップを起動でき、あらゆるデバイスでどこからでもアクセスできます。
 これらのデスクトップは、リモートワークに使用できます。
 
・Amazon AppStream 2.0
 アプリケーション配信サービスで、
 任意のコンピューターに様々な用途の配信を行えます。
 
・AWS Client VPN
 どこからでもAWSおよびオンプレミスネットワークへ安全に接続できるサービスです。

著者プロフィール

著者アイコン
広報担当