【コラム】物流の役割と物流センターの種類について

【コラム】物流の役割と物流センターの種類について

はじめに

物流と聞いてトラックを用いた輸送を思い浮かべる方も多いと思います。しかし、物流、あるいは物流センターと一口に言っても、その形態や機能については様々な種類があります。
今回は物流の意味や物流センターの種類について掘り下げてみます。

物流とは

物流とは「モノの流れ」を指しています。物流は、商品の調達など企業間の流れや、消費者から企業への流れなど複数の形態を持っています。これを物流の領域といい、大きく5つの領域に分類されています。

物流の領域

物流の持つ5つの領域について、概要を解説します。

1.調達物流

原材料や部品などを自社まで運ぶための物流。在庫コストを下げるためのジャストインタイム供給を行う際に重要な要素となります。

2.生産物流

調達した部品等の管理から、製造した商品の倉庫への物流。

調達物流から、後述する販売物流の手前までの物流を指すことが多く、主に自社内で行われる物流であることから、社内物流とも呼ばれます。

 3.販売物流

倉庫から流通拠点や顧客の元へ運ぶための物流。

オンラインショップやEコマースが広まっている今日では、直接消費者へ配送されることも増えており、一般的に物流といえば、この販売物流を指すことが多いです。

4.回収物流

上記の生産から消費までの物流とは異なり、返品や回収・再資源化のため生産者に戻ってくる物流。

リサイクル物流と呼ばれる物流もこれに含まれており、人間の循環器に例えて、調達物流~販売物流を動脈物流、回収物流を静脈物流と呼ぶこともあります。

5.消費者物流

企業ではなく一般の消費者をクライアントとしている物流。宅配便や引越運送のほか、近年はオークションサイトなどによる消費者間のやり取りも増えています。

 ≪物流の領域イメージ≫

物流の機能

物流の目的として、商品を届けるまでの空間や時間の隔たり(ギャップ)を埋める役割があります。一般的な物流のイメージである、配送・輸送を含めた6つの機能について概要を解説します。

1.輸送・配送

実際にモノを運ぶ機能で、商品を届けるまでの空間的ギャップを埋める役割を持ちます。一般に、工場などから倉庫への移動を「輸送」、倉庫から消費者への移動を「配送」と呼んでいます。     

2.保管

倉庫や物流センターに商品を保管し、生産から消費までの時間的ギャップを埋める機能です。商品を一定期間保管するため、適切な管理により品質を保持する役割も持ちます。

3.荷役(にやく)

商品を倉庫や物流センターに入庫したり、運搬したり、出荷したりする機能になります。物流センターにおける、入荷、棚入れ、ピッキング、仕分けなどの工程が含まれています。

4.包装

破損などによる品質劣化を防ぐため、商品をダンボールなどで保護する機能になります。そのほか、運搬を考慮した形状にすることで、荷役作業時の負担を軽減する役割も持ちます。

5.流通加工

倉庫や物流センターから出荷する際に、商品に加工を施す機能になります。ラッピングやセット組みなど、商品に付加価値を付与する役割を持ちます。

6.情報システム

モノの流れを管理して、効率的に連携を行うための機能になります。倉庫管理システム(WMS)や倉庫制御システム(WCS)など、倉庫内の様々な情報を管理する役割を持ちます。

 ⇒情報システムの一つであるWCSに関する記事はこちら

物流センターとは

先ほど物流の機能の一つとして保管について触れましたが、物流センターには保管を行うもの以外にいくつか種類があります。ここでは物流センターの種類について簡単に解説します。

DC型

DC型とは「Distribution Center」の略称で、日本語に訳すと「在庫型センター」となります。DCは荷物を入荷して在庫として保持し、必要に応じて出荷を行う物流センターです。例としてはメーカーの在庫を保管する倉庫などが挙げられます。

TC型

TC型とは「Transfer Center」の略称で、日本語に訳すと「通過型センター」となります。TCは入荷した荷物の積替えを行い、保管せずに出荷を行う物流センターです。例としてはコンビニチェーンの倉庫で、メーカーから持ち込まれた商品を各店舗行きのトラックに仕分けて配送などが挙げられます。

クロスドッキング(クロスドック)

商品の検品や開梱をせずに積み替えのみを行うシステムになります。DC型でもクロスドックが行われる場合もあり、DC型とTC型が併用されるケースとなります。トラックのドック(接車場)から別のドックへ荷物が運ばれる様子から、このように呼ばれるようになりました。

まとめ

今回は物流の機能や物流センターの種類を簡単に解説しました。物流業界はEコマース市場を先頭に年々規模を拡大しており、様々な業種、あるいは一般消費者にも広く関わるようになっています。

物流への理解を深める上で、本記事が参考になりましたら幸いです。

最後に

システムズはWMSやWCSなど情報システムを用いた庫内設備制御に強みを持っており、システムとマテハン機器間の連携強化や、運用課題の改善提案など、お客様の課題解決に向けて共に取り組んでまいりました。

現状の課題について改善をご検討される際は、一度お問い合わせください。